好きに自由に書かせてください( ..)φ

自分の書きたいことを好きに書かせていただく自己満足ブログです(^O^)社会で起きている出来事や、アニメ・ゲーム・漫画といった「おたく文化」などについて自分の思うことを好きに書かせてもらっています。つたない文章かと思いますが、あたたかい目で見守ってください(笑)よろしくおねがいします!!

高森藍子の可愛さがギュッと詰まった一冊です

皆さんこんにちは、私です。

 

今回は普段とは異なる環境で記事を書いています。

普段はSurface Pro4で記事を書いているのですが、今回の記事はデスクトップPCで書いています。何故、デスクトップで書いているかについてはまた別の機会に記事にしようと思っていますので、よければ楽しみにしていてください。

 

さて、今回は『アイドルマスター シンデレラガールズ』に登場するアイドルの一人、高森藍子がとにかく可愛い一冊を発見したので、そちらの紹介をしようと思います。

 

私と同じ藍子Pの方の中には「こんなのとっくに知ってるわ!」という方もいらっしゃるとは思いますが、そういう方は私と一緒に藍子の可愛さを分かち合いましょう。

藍子Pで知らなかったという方は、藍子の可愛さをより堪能していただくために今回紹介する本を読んでみてほしいです。また、藍子Pではない、あるいは藍子にそこまでの愛着(執着)がないという方は、この一冊をきっかけに藍子の魅力にどっぷり浸かってみてもらいたいです。

 

 

今回紹介する本は商業誌ではなく同人誌です。その一冊は、サークル「listless time」のmentさんが2016年の12月31日にコミックマーケット91で新刊として販売した『幸せは永遠に』です。mentさんはこれまでに藍子メインの同人誌を数多く発表されてきている先生です。そんなmentさんが2013年11月23日~2016年5月5日までに発行した作品と本作のための描き下ろしが収録されているのが『幸せは永遠に』です。

 

こちらが表紙です↓

f:id:totota3211taku:20170522001636j:plain

 

こちらの作品の藍子は基本的に作中に登場するプロデューサーのことが大好きです。Pと藍子のイチャラブ展開(健全)を最初から最後まで繰り広げています。

 

こちらの一冊のすばらしいところは、とにかく藍子が可愛いということです。藍子Pの方や藍子を好きな方はよくよくご存知か思うのですが、藍子の魅力の一つにゆるふわな雰囲気があります。藍子の独特のゆるふわ感からあふれる可愛さをこれでもかというほど味わうことができます。

さらに、実は藍子はパッションアイドルなんです(皆さん知っているとは思いますが)。意外と行動力があったり、思い切りがよかったりするといった彼女のパッションなところもしっかりと描かれています。

 

内容について語りたいところですが、それをするとネタバレになってしまうので実際の内容は皆さん自身で確かめていただきたいと思います。

 

それでも、どうしてもオススメしたいエピソードが一つだけあるので、そちらをネタバレにならない程度に紹介します。

 

そのエピソードは『私の絶対特権!』というタイトルです。本書96ページから始まる少し短めのエピソードですね。こちらのエピソードは藍子の茶目っ気を見ることができる少し珍しいエピソードです。これが最高に可愛いんですね。

お話のテーマは「エイプリルフール」なので、お話の中にはウソがいくつか出てきます。藍子がPにウソをつかれて、そのことで少し怒るのですが、その後の藍子の可愛さったらもう... 天使ですね(笑)

 

これ以上書くとネタバレをしてしまいそうなのでこのくらいにしておきます。

他のエピソードも素晴らしいのですが、オススメをしているうちに熱が入りすぎてネタバレをしてしまう自信があるのでやめておきます。

 

気になるという方は是非お手に取ってみてください。現在手に入れるのは少し困難かもしれませんが、欲しい方は頑張ってください。私はメロンブックスの店頭で購入しましたが、ネットで購入することもできるかもしれません。

 

皆さんが、この作品をきっかけに藍子を好きになってくれるとうれしいです。

それと最後にはなりましたが、この作品を書いてくださったmentさん、及びサークル「listless time」に心からの感謝を捧げます。

 

それでは('ω')ノ