読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに自由に書かせてください( ..)φ

自分の書きたいことを好きに書かせていただく自己満足ブログです(^O^)社会で起きている出来事や、アニメ・ゲーム・漫画といった「おたく文化」などについて自分の思うことを好きに書かせてもらっています。つたない文章かと思いますが、あたたかい目で見守ってください(笑)よろしくおねがいします!!

夏だ!7月だ!新作アニメだ!

こんにちは、私です。

 

土日は、ほぼずっとバイトでした。死ぬほど疲れましたが、これも新しくリリースされるユニゾンのアルバムを買うため... このアルバムのレビューはもう一つのブログで書きます。

 

さて、タイトルから分かるように今回は2016年夏アニメ特集です!今期も数多くのアニメが放送されます。既に第1話が放送された作品もあります。今回は私が現時点(7/6)で第1話を視聴したアニメの中で気になったものを取り上げて書いていきます。

それでは早速いきましょう(`・ω・´)フンスッ!

 

 

ももくり

 

 

まずはこちら『ももくり』です。ジャンルはラブコメですね。原作はスマートフォン等のデバイス向けの無料マンガ・小説アプリ『comico』で連載されています。同じく今期のアニメ『ReLIFE』もこのアプリで連載されています。

上のキービジュアルを見れば分かると思いますが、中央の男女二人が恋愛するアニメです。左の少年が桃月心也(CV:岡本信彦)で右の少女が栗原雪(CV:加隈亜衣)です。この二人は同級生ではなく、栗原さんの方が一学年上の先輩となっています。

さて、この作品の気になったところはヒロインである栗原さんの行き過ぎた行動です。例えば、盗撮やスケジュール把握をしたり、ももくんが使ったストローを回収したりです。恋は盲目という言葉がありますが栗原さんの行動は完全にストーカーのそれです。これだけ読むと栗原さんは積極的(?)な女の子のように思えますよね。でも、ももくんから歩み寄って来られると恥ずかしくて逃げ出してしまうのです。愛らしいでしょう!心がぴょんぴょんしてくるでしょう!

ももくり』要チェックですね(`ω´)

 

食戟のソーマ 弐ノ皿

 

 

飯テロタイム再来です。ソーマの2期です。1話を見ましたが、相変わらずハイテンションでしたね。楽しんで見ていこうと思っています。

今作は2期です。1期は昨年の4月から2クール、24話構成で放送されていました。2期を見るにあたって1期の視聴はほぼ必須と言えます。それでも、ジャンプの熱さを持っている作品なので、是非見てもらいたいですね。

最も気になるのは1クールで終わるのかというところです。今回の話のメインは「秋の選抜 本戦」です。ここは激アツで見ていてヒートアップできます。でも、私が一番見たいのはそこではないのです。「スタジエール編」が、秘書子(新戸緋紗子)がヒロインをしているところが見たいのです!

 

私は『食戟のソーマ』の女性キャラクターの中で新戸緋紗子が一番好きです。彼女が動いているところをもっと見たいです。しかし、今作が1クールで終わるとなるとストーリーがカツカツになってしまいそうです。2クールでじっくりやってもらいたいですがどうなるのでしょうか。分割2クールになってもいいので、「スタジエール編」は丁寧に作ってもらいたいですね。

 

ラブライブ!サンシャイン‼︎

 

 

サンライズ×ランティス×アスキーメディアワークスの3社合同メディアミックス作品『ラブライブ!』の姉妹作品です。スクールアイドルとして活動する女の子たちの物語です。これまで展開してきた『ラブライブ』を知っている方ならどのような形態の作品かお分かりと思います。

アニメ第1話を見て感じたのは、見たことのあるシーン構成や前作のキャラクターと重なる要素を持ったキャラクターがいるということです。シーン構成でいうと、高海千歌が生徒会室で生徒会長・黒澤ダイヤにスクールアイドル部の設立申請をして断られるまでの一連の流れがまさにそれです。私はデジャビュを覚えました。『ラブライブ!』にも似たシーンがありましたよね。穂乃果が絵里にスクールアイドルの活動を許可してもらおうとして申請に行くシーンです。このシーンを見れば、キャラクターの共通点も分かると思います。千歌は穂乃果と、ダイヤは絵里と似た要素を持っています。他にも性格や特技が似ているキャラクターがいます。やはり、前作を踏襲している部分があるんですね。

前作のアイドルユニットμ'sは活動初期の頃は知名度が低かったのが、CDリリースやアニメ化、スマホゲーム化を経て爆発的な興行収入を記録した映画やさいたまスーパーアリーナでのLIVEなど幅広いメディアミックスに成功した一大エンターテイメントとなりました。今作のアイドルユニットAqoursは活動初期からファンが付いています。その代わり、良くも悪くもμ'sと比較されるでしょう。今後、Aqoursがどのようなメディアミックス展開を見せてくれるのかに注目しようと思います。

 

ちなみに、まだ一人に絞れていませんが、私の推しアイドルは1年生なら国木田花丸ちゃん、2年生なら渡辺曜ちゃん、3年生なら松浦果南ちゃんです。

 

初恋モンスター

 

 

「俺、小学生だけど、どうする?」でお馴染みの『初恋モンスター』です。アニメ化決定前に本屋でポップを見て「めっちゃ面白そう」と思っていたら、アニメ化が決定していました。

まあ、1話を見たわけですが、初回から飛ばしてましたね(笑) 第1話Bパート、Cパートではキャラクターたちが「ち◯こ」を連呼していて驚きました。キャストも「この人が小学生だとォ⁉︎」と思うキャストでした。恐らく、このテンションのまま1クールいくのでしょう。爆笑しながら見させていただきます。

 

甘々と稲妻

 

 

嗚呼、日々の生活で荒んだ心が浄化されてゆくようだ...(◦ˉ ˘ ˉ◦) なんて綺麗でほのぼのとした作品なんだろう。私の中では「癒しアニメ」というポジションにいるアニメです。春アニメでは『ふらいんぐうぃっち』で精神の浄化をしていましたが、今季は『甘々と稲妻』で癒されます。

とにかく、つむぎちゃん(CV:遠藤瑠菜)が可愛いですね。お父さんの公平(CV:中村悠一)のことを呼ぶときの「おっとっさん」という独特な呼び方や一つ一つの動きが子供らしくて見ていて本当に可愛いです。また、父親・公平の声もとても優しいお父さんの声で娘のことを本当に大切に思っているのが伝わってくるような演技でとっても良かったです。中村さんの声は文句なしのイケメンの声で聴くことが多いように思いますが、こういった優しい声色の声の役がもっと増えると私は個人的にうれしいです。

私はまだ20歳ですが、第1話を見て父性(?)が刺激されました。この作品はとにかく見てもらうのが一番いいです。家族や友人と一緒にご飯を食べられることの幸せを感じてください。

 

とりあえず、今回は5作品紹介させていただきました。次回はまた別に作品の紹介をしたいと思っています。お楽しみに!

 

それでは(^o^)/