読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに自由に書かせてください( ..)φ

自分の書きたいことを好きに書かせていただく自己満足ブログです(^O^)社会で起きている出来事や、アニメ・ゲーム・漫画といった「おたく文化」などについて自分の思うことを好きに書かせてもらっています。つたない文章かと思いますが、あたたかい目で見守ってください(笑)よろしくおねがいします!!

批判されるかもしれないけど書きます

こんにちは、私です(^O^)

 

今日は、読んでくれる読者の皆様がいてくれれば、批判が出てきそうなことを書きます。

 

数日前にも、書いたのですが、今回も女子中学生誘拐事件の容疑者が「アニメ好き」ということいついて書きます。

 

書こうと思うに至った理由は、この記事を読んだからです。

www.asagei.com


この記事は、『アサ芸プラス』というサイトに掲載されていた記事です。


私もなのですが、『ニコニコニュース』で見た方もいるかもしれませんね。


さて、この記事の中では、容疑者がアニメ好きであるという報道が日刊スポーツでされたことへの反発がネット上で多くあったけど、その反発はおかしいのでは?という切り口で、テレビ誌のライター(アニメ好き)の話を元にして、筆者の意見が述べられていました。


私も一通り読ませていただきました。読んでいる中で、自分なりにいろいろ考えもしてみました。

その上で、一言言わせていただきます、


「論点がずれてますよ∑(゚Д゚)」


ネット上で反発があったことは確かです。そして、その反発の全てが正しいわけではないことも確かです。


でも、その反発の内容は「また、メディアがアニメ好き=犯罪者予備軍みたいな言い方してるよ...」「はいはい、いつもの偏向報道ですね」アニメが何をしたんだ!」等のものだったはずです。決して、「容疑者は『アニメ好き』と報道するな!」ということではないはずです(そう思っている人もいるかもしれませんが...)。


私なりの解釈ですが、今回のネット上での反発は、容疑者は「アニメ好き」という報道に「アニメ好き=犯罪者予備軍」のレッテルを貼ろうとする思惑が隠されているように感じる。そして、このレッテル貼りは以前から存在している。何故、「アニメ好き」なだけで、犯罪者予備軍のように思われかねない報道をするのかというものだと思っています。

しかし、『アサ芸プラス』の記事では、容疑者が「アニメ好き」と報道することをやめろというのは表現規制であって、そのような主張こそ印象操作になるのでは。こういった反発はメディアに向けるのではなく、容疑者に向けるべきですよねという風に書いてあります。


ここからは、私の意見を書かせていただきます。


先にも述べましたが、「アニメ好き」と報道するのをやめてほしいと主張しているわけではないですよね。「アニメ好き=犯罪者予備軍」と捉えられかねない報道の仕方はやめてほしいという主張をしているはずです。この時点で、根本から違うことがわかると思います。それなので、表現規制になると主張されても(・・?)となってしまいます。


表現を規制したいのではなく、表現の方法に疑問を感じるという主張がネットではされているはずなのですが、何がどうなって規制という解釈に変わったのでしょうか。ちょっとよく分からないですね(笑)


ネット上の反発と当該記事では論点が違うとなると、他にも理解に苦しい部分がいくつか見えてくると思います。


まずは、「アニメ好き」という属性を否定すると、「アニメってそんなに偉いのか⁉︎」という反発を呼ぶかもということが書いてありましたが、属性の否定などしていません。さらに、アニメが偉いかどうかということはそもそも問題ではありません。あくまでも、「アニメ好き=犯罪者予備軍」ってのは変じゃないかなと言っているだけです。


次に、「声高に反発すればするほど、『アニメファン=異質』という世間の声を後押しする」と記事にありました。これはつまり、声高に反発しなくても、アニメファンは異質と世間に思われていると言っているのと同義です。

驚きですね。アニメを好きで見ているだけで正常という属性を持つ「世間」という不特定多数の集団から「異質」であると思われるみたいです。これは、アニメだけではなく、ゲームやマンガといった通称「おたく文化」を好む人は「異質」と思われていると言っているようなものです。

近年は、アニメやゲーム、マンガが海外に自慢できる日本の文化になり、昔に比べれば文化としての地位を大幅に向上しているように思います。それでも、やはり少数派であることに変わりがないのも事実です。

だからと言って、「異質」という表現を使うのは不適切ではないでしょうか。このような表現こそ、印象操作と捉えられかねないと私は思います。


「おたく文化」に興味がない方がいることは当たり前です。人の趣味・嗜好は様々です。スポーツが好きな人、ドラマが好きな人、写真を撮るのが好きな人、挙げればきりがありません。

私は、スポーツはニュースでチラッと見るくらい、ドラマはほとんど見ない、写真は撮るよりも見る方が好きです。端的に言えば、例示した3つの趣味には興味がほぼないです。

それでも、それらの趣味を「異質」とは思わないです。どちらかというと、私は自分の知らない世界(?)を知っている人からは話を聞いてみたいと思います。


まあ、歩み寄っていこうとまでは言いませんが、非難したり軽蔑したりするのはNGです。

まして、それをメディアがやっちゃったのです。私はあまり好きな言葉ではないですが、「マスゴミ」と言われてしまうのも仕方がないのかもしれませんね。


今回は長々と書いてしまいました。

ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m


書きたいことが書けてスッキリしました(笑)


それでは〜(^o^)/